働く情報 ホームページ

就職のためのいろいろな情報

ホーム

異業種に職を変えるのは難しいと考えている人

異業種に職を変えるのは難しいと考えている人が多いですが、実際のところはどうなのでしょうか?結論をいうなら、これまでと違う業種に就くのは簡単ではありません。

経験者と未経験者が同時に採用試験を受けに来た場合、採用担当者は経験者を選択しやすい傾向にあります。しかしながら、絶対に無理というわけではないため、努力の程度によっては違う業種の会社に就職できることもあります。

例えば、電気系統が得意な人なら、「さいたまの電気工事ならお任せ!」といった会社に応募するような場合、得意だということを単にアピールするだけではなく、どのようなことが特に得意であるというように、さらに一歩踏み込んだアピールの仕方が相手の会社の人にインパクトを与えることができ、面接を有利に進めることができます。

また、どういった転職理由が適当かというと、第一に、どうしても転職しようと思った理由を思考してください。
そのままストレートに言うわけではないので、自分に正直に、ノートに記入しましょう。そして、それがネガティブに受け取られないように表現を変換してください。
転職理由に関することばかりだと自分を正当化しているように聞こえてしまうので、簡潔にしましょう。面接を行う際、身だしなみには注意すべきことを忘れずにいましょう。

清潔な印象のある装いで面接に挑むことが重要な点です。



緊張することと思いますが、模擬練習をしておき、面接の準備をしておいてください。面接官から質問されることはほとんど決まっていますから、先に答えを用意しておくことが大切です。

転職を考えたときに有利になれる資格は

転職を考えたときに有利になれる資格はどれかときかれれば、社会保険労務士や公認会計士があげられるでしょう。

これまでの職場での経験や実績を生かした転職活動をしていこうという方針を持つ人にも間違いなくお勧めしたい資格です。社会保険労務士という資格があれば、総務や人事関連の仕事を得やすくなりますし、公認会計士の資格があれば財務、経理関係の仕事に就きやすくなります。お給料アップを目指して転職希望の方も多いことでしょう。



確かに、転職をすれば年収があがることはあり得ることです。

ただ、給料がダウンしてしまう恐れも考えられることを十分理解しておく必要があります。お給料を増やすためには、いかに落ち着いて高報酬の仕事を探せるかが大事な点となります。転職をしようかなと考えた場合、いの一番に、最も身近な存在である家族に相談を持ちかける人が多いはずです。所帯を持つ人なら、家族と話し合いをしないで職を移るということは避けるほうが賢明ですからね。家族に断りなく、職を変わってしまったら、それが原因で離婚になる可能性も出てきてしまうことがあります。

借金は一本化するより断然債務整理を行った方が借金地獄から早く、そして確実に抜け出せます!
↑戻る木
↑戻る木
Copyright (c) 2014 働く情報 ホームページ All rights reserved.